最近人気の共有型賃貸物件の実態はどうか!?

ソーシャルアパートメントやシェアハウスとは何か

最近若い人の間で共有という言葉がキーワードになっていますね。共有はいろいろな場面でありますが、その一つに住宅の共有があります。住宅を共有を希望する場合、ソーシャルアパートメントやシェアハウスという形の物件を探すとよいでしょう。それぞれ都心部を中心に駅の近くにあることが多いのです。その共有物件はもともとワンルームマンションを改良したものですので、外観は少し古いワンルームマンションに見えますが、中身はピカピカであることが多いのです。


共有型物件が流行り出した理由とは?

共有型物件は50年以上前にもたくさんありましたね。60代から70代の人であれば知っていると思いますが、昔は木造アパートと言って台所やトイレが共有の物件も少なくなかったのです。それが一時期消滅していましたが、やがて形を変えて復活をしたのです。形を変えたというのはよりおしゃれになったということです。この共有型物件が復活した理由はいろいろありますが、不況と深く関係してきています。また2011年以降、共有するというものが急速に増えてきていますね。


共有型物件の特徴とは

共有型物件の特徴とはどのような物件でしょうか。ソーシャルアパートメントの例をとってみましょう。特徴の一つは、都会にあり駅前にあることですね。これは都心部の20代の男女がターゲットであるからです。通常はワンルームマンションの形を維持していますが、水回りだけは共有にしてあり1階部分に集中しています。つまり、昔の木造住宅と同じで水回りだけは共有化するということですね。昔との一番の違いはすべてがオシャレになっているということです。



賃貸契約とは、家賃や連絡先、壊してしまった場合などについて細かく決められている契約書のことで、借りる際にはサインする必要があります。